働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

働き方改革に勝機

政府が、進める働き方改革では長時間労働の是正や 、テレワーク推進などが打ち出されています。最近では日本電産が残業時間削減のために1000億円の投資をすると発表しましたね。こうした動きをビジネスチャンスと捉え企業が動き出しています。

カラオケボックスをオフィスに!?

NTTコミュニケーションズに勤める営業担当課長の吉田さん、ビデオ会議システムを企業に売り込む営業マンです。

吉田さん「朝からでたり会社に戻らない日もありますね。 」

そんな吉田さんが向かったのはカラオケ店。 しかし、これは、売り込みではありません。

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

上司「お客さんのところ回ってきてニーズとかはどうだったの?」

吉田さん「そうですね。やはり、品質が一番だと言われています。」

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

上司に、外回りの報告を始めました。実はNTTコミュニケーションズは、ビッグエコーを展開する第一興商と、カラオケボックスを働く場所として活用する実証実験を進めています。

吉田さん「オープンの場所はと電話をできませんしカラオケボックスは個室になっているのでセキュリティが高く仕事ができると考えています。」

現在首都圏にある21店舗ワーク店舗として利用、オフィスに戻る回数や、時間が 大幅に減ることで、効率よく外回りができるようになったと言います。

カラオケボックス側もこの取り組みがののメリットは大きいといいます。

第一興商 鈴木氏「ビジネス街の平日の昼間の時間帯ですので、そういったゆとりのある時間帯でカラオケ以外の利用が広がれば、店舗の稼働が上がり、収益アップに広がると期待して始めました。 」

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

AI(人工知能)で休職者を予測

日本働き方改革に大人高機能を利用する時も広まってきました。日立ソリューションズが開発したのは、従業員の 勤務管理情報や、人事情報など、約120種類の情報をAIが分析、2ヶ月後に休職に追いやられそうな従業員を、予測警告するシステムです。AIは年齢、上司が変わったなど、様々な要素を独自に分析、その分析から AIが特に重視するのは、残業時間です。朝に加え、さらにその時期が鍵になってくるといいます。

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

出典:日立ソリューションズ

■ 「リシテア/AI分析 組織ストレス予測サービス」について

  1. 主な特長
    勤怠管理情報、人事情報(勤務地、所属情報など)、従業員アンケート情報などの多種多様なデータをAIで分析、過去の従業員の働き方から、ストレスケアが必要な働き方をしているとみられる従業員を予測し、組織単位にチームのストレス状況として可視化します。 産業医は予測結果を元に、人事や該当メンバーの所属する組織のマネージャーに対して、ケアを促すことで、メンタル不調の防止に貢献します。なお、当社による検証結果では、休職者の約53%が予測可能であることを確認しています。
  2. 販売開始時期: 2017年2月6日
  3. 提供価格: 従業員1,000人対象 300万円~
  4. 画面イメージ
trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

出典:日立ソリューションズ

→ホームページ

Q 「2ヶ月前の残業があって、次に6ヶ月前、そしてその次に3ヶ月前の残業時間がくるんですね?」

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

A 日立ソリューションズリシテア部 橋爪氏「これがいわゆる残業時間の多い少ないで求職者を予測するのとは違うという点です。Ai を使うことでこういったことが見えてくるというところです。」

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

日立ソリューションズは今月中にこのシステムを販売する予定です。

人が出てきて言うよりもデータが示しているんだから休まないといけないと言った方が会社としても動きやすいんですかね。

橋爪氏「やはりですね、客観的にと言うか定量的な科学的な分析に基づきますので説得力は全然違ってくると考えております。」

働き方改革は株価にも影響

こうして働き方改革が、ビジネスチャンスとして広がる中実際に取り組んでいる企業に対しては投資家からの視線が集まってきています。資産運用を手掛けるニッセイアセットマネジメント。環境への取り組みや企業統治などを重視した、ESG投資の中で、投資の判断材料として、今働き方改革がより、注目されてきていると言います。改革が株価にも影響を及ぼしてきたためです。

ニッセイアセットマネジメント 井口氏「過去5年の平均で見て働き方改革を評価できる企業の株価は全体の平均と比較して3%上回っています。」

実際に働き方改革は評価できる企業の株価は堅調ないっぽニッセイアセットマネジメントが改革を評価できないと判断する銘柄群の株価はサイズおよそ7パーセントの差が出ています。

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

井口氏「評価をさせて頂く会社様は、長期的に従業員様のモチベーションが高く企業業績に繋がっていくと、それが実際そのように業績に出てきてマーケットが評価しているということだと考えています。 」

trendcasting モーサテ 働き方改革へ。休職者をAIが予測?日立ソリューションズのリシテアとは?

この日も働き方改革をテーマに会議が開かれました。働き方改革が将来企業業績につながるのか、一人当たりの生産性などを見てアナリストが評価し投資対象の企業を会議でふるいにかけて行きます。

井口氏「企業の社会的責任を大きくなってきてそれが企業価値に影響する分も大きくなってきているので、それは投資家にとっても重要な部分になってくると考えています。」

働き方改革の推進を背景にサービスや投資が変わろうとしています。

森田アナ「取材に入ったAIを利用した勤務状況の分析なんですけれども、人間が判断すると単純に残業時間の多い少ないで判断しがちなんですが、AIは残業時間だけではなく、仕事の裁量がどれくらいあるかですとか、上司の評価と自己紹介のさがどれぐらいあるか、とか、ストレスになりそうな要因が、どれ位あるのかということを、複合的に判断できるというのが強み何ですね。なので時間だけではない本当の意味での働き方改革に繋がるんではないかとそういう可能性を少し感じました。」