【Basic Word for Business】ファブレス化(Fabless)

ファブレス化(グローバル化)

自社では工場を持たずに商品サービスのデザインや企画開発を行い生産は外部の工場に委託する経営手法のこと。生産を外部委託することで業務の効率化を図ることを目的とする。

生産のアウトソーシングで効率化を図る

ファブレス化とは英語でfab(Fabrication facility:製造工場)がない(less)という意味。メーカーが生産を外部委託(アウトソーシング)するメリットは主に4つある。

  1. 多額の投資が不要になること。工場建設が働き手の確保のためには資金が必要だ。しかし、ファブレス化すれば、資本力の小さい企業でも製品を商品化できる。
  2. 撤退時の傷が浅いこと。企画の失敗や消費者の嗜好の変化のせいで販売不振となっても痛くのキャンセルするだけで絶対出来液晶パネル生産工場への投資で多額の損失を被ったシャープのような事態を避けることができる。
  3. 顧客ニーズの変化に対応しやすいこと。企画した商品にあった委託先を選ぶことができる。流行の商品ならスピード重視で委託先を選べばいい。
  4. 生産の委託先館で競争原理が働くこと。複数の委託先で受注競争が起これば自社で厳しい経営努力をせずにコスト削減や品質向上を目指すことができる。

最先端の規格では最新の情報管理が必要

一方でファブレス化にはマイナス点もある。例えば情報漏洩のリスク。最先端の商品を企画しても委託先と交渉するうちに、内容が外部に漏れる恐れがある。また企画社商品の生産に高度な技術が必要な場合に期待通りのコストや品質で生産を中止てもらえない懸念もあり、通常得られる、生産工程でのノウハウもえることはできない。

ファブレス化で成功した代表では apple だ。米国に本社を置くアプリでは主に iphone や ipad の使用やデザインを決める。製造自体は台湾や中国などの海外の企業に委託して成功を収めた。アップルは基本的に自社工場を保有していませんが、設備投資に一定金額を計上しています。アップルは自社の技術者が設計した仕様を実現させるために必要な加工設備を自社で購入し委託工場へ貸し付
けています。その際、生産マニュアルを作成し、品質、デザイン、加工後の検品機器など、生産現場に必要なハード、ソフトをパッケージングすることで高い品質を維持している点が特徴的だ。日本ではセンサーなどの計測機器を開発販売するキーエンスがファブレス化の代表例。アップルと同様に製品開発に特化して自ら市場を創造し他社との差別化を図っている。(2015年3月期)という高い収益率を達成している。

ファブレス川市場の変化が厳しい業種で有効な手法と言える。半導体業界の他技術革新のスピードが速いデジタル機器業界や流行の波が激しいアパレル業界ゲームソフト業界にファブレス化を採用する企業が多い。 usb メモリなどパソコン周辺機器で知られるエレコムスポーツメーカーのナイキみんなどのゲーム機でおなじみのニンテンドーモファブレスメーカーだ。

まとめ ファブレス形態のメリット・デメリット

メリット

  1. 設備投資が最小限で済み、小資本のベンチャーでも市場参入しやすい
  2. 撤退時の傷が浅い
  3. 身軽であり市場や材料調達、製造環境の変化に素早く対応できる
  4. 複数の工場に発注することで競争が生じ、納期短縮やコストダウン、品質向上を同時に達成できる

デメリット

  1. 情報漏えいや模倣されるリスクがある
  2. コストと、品質管理が難しい
  3. 生産過程でのノウハウが得られない

日米のファブレス企業

日本

  • キーエンス(6861) FA センサーなど検出・計測制御機器を中心に展開。3Dプリンターも販売。
  • 任天堂(7974) 世界的 TV ゲームメーカー。ソフト開発力に強み。
  • ダイドードリンコ(2590) 清涼飲料大手。自販機の台数や缶コーヒーの販売量で業界 3 位。
  • メガチップス(6875) 顧客専用 LSI、システム主力。任天堂向け主体。
  • エレコム(6750) パソコン周辺機器大手。マウス、家具、記憶媒体など企画開発。

米国

  • アップル(AAPL) IT 機器大手。スマートフォン「iPhone」、タブレット「iPad」を生産する。
  • クアルコム(QCOM) 携帯電話向け半導体で世界最大手。アップルやサムスン電子が主要顧客。
  • ナイキ(NKE) スポーツ用品メーカー最大手。「NIKE」ブランドでシューズ、衣類等を販売。