【Basic Word for Business】サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)

トレンドキャスティング サプライチェーンマネジメント

サプライチェーン全体で業務効率を考える

サプライ・チェーン・マネジメントとは

「価値提供活動の初めから終わりまで、つまり原材料の供給者から最終需要者に至る全過程の個々の業務プロセスを、一つのビジネスプロセスとしてとらえ直し、企業や組織の壁を越えてプロセスの全体最適化を継続的に行い、製品・サービスの顧客付加価値を高め、企業に高収益をもたらす戦略的な経営管理手法

用語の抑えるべきポイント

  • 取引先同士の壁を超えて、業務の流れを管理することで、原料調達から、製造、販売までを効率化する経営管理手法であるということ。
  • ITの発達により、グローバルな企業連携がスムーズに展開できるようになったといういうこと。

店頭に並ぶ数々の商品には様々な会社は関わっている。お菓子ならサプライヤー(材料を作る会社)→メーカー(商品を製造する会社)→卸問屋→小売店。こうした商品に商品が届くまでの流れをサプライチェーンという。従来はこのサプライチェーンを構築する各プレイヤーが独自に効率化を図っていた。だが1企業が行う努力には限界がある。

例えば資材価格や為替の急変動はサプライヤーでの対応では間に合わない。他のプレイヤーたちへも影響が波及していて最終的には商品の競争力が落ちてしまう。そこでサプライチェーンマネージメント(SCM)が必要となる。個別企業が効率化を図ることを部分最適というか、SCMでは「全体を効率化する全体最適」を目指す。

SCMでは、取引先同士の壁を越えて各プレイヤーが情報を共有。原料調達から製造販売まで業務の流れを管理することで環境変化に柔軟に対応できるようにする。

SCMは3つのバランスアウト

  1. 環境変化への対応力
  2. 原料調達から顧客に製品を提供する時間(リードタイム)
  3. コスト

この3つのバランスをうまく成り立たせるかということである。

例えば機材価格の変化への対応力を上げるには数多くの部品を準備したり柔軟性の高い生産ラインを構築する必要がある。ただその場合リードタイムが長くなりコストも上がってしまうのでベストのバランスを確保したい。

SCMには高度なIT技術が必要。

このように様々な要素が複雑に影響し合うSCMを可能にするのは高度なIT技術だ。例えば、ERP(Enterprise Resource Planning) ソフトはその代表例。生産、物流、販売部門など全ての経営資源を一元化して、リアルタイムで管理できる。世界中に広がるグローバルな SCMにも対応可能だ。

SCMで大成功したのがパソコン販売を行うDELL。ITを駆使したSCMによって注文を予測。さらに資材調達工場の生産能力、出荷などを管理することで、受注から出荷までの時間差を限りなく削減。「パソコン販売→パソコン製造」というこれまでには考えられなかった、受注生産を可能にした。

現在ではNEC、日立、トヨタ、パイオニアなどあらゆるメーカーがSCMを実践する。 SCMのITソフトについても、グローバルに開発競争が行われている。

まとめ(SCMで競争力がアップする流れ)

  1. 企業や組織の壁を越えて、注文の内容や進捗の状況を管理する
  2. バトンタッチをスピードアップ。低価格。
  3. 低コストで、迅速に需要に対応できるようになる
  4. 競争力がアップする。
トレンドキャスティング サプライチェーンマネジメント