【Basic Word for Business】リーン・マネジメント

トレンドキャスティング 【Basic Word for Business】リーン・マネジメント

What is Lean Management?

製品の位生産工程を徹底して改善して、効率化を行い、より付加価値の高い商品・サービスを顧客に提供する手法の事。最小限の経営資源で最大限の顧客価値を生む事を目的にしている。

組織全体で無駄な工程を省いて高い生産性を目指す。

リーンとは英語で「贅肉がなく引き締まっている状態という意味」製造業で言えば無駄なプロセスを省いた生産性が高い状態を意味する。

リーンマネジメントの源流は無駄を徹底して歯茎、「カンバン方式」(現在ではeかんばんへと進化。))という名で知られたトヨタの生産方式。トヨタの競争力を研究した米国マサチューセッツ工科大学のジェームズ ・Pウォマックたちがその方式を一般化して「リーン生産方式」とよんだ。ただ最近では製造業だけではなく、様々な業種で採用する組織が増えているためリーン生産方式ではなくリーンマネージメントと呼ばれるようになった。リーンマネジメントの実践は細やかな改善の連続だが狙いは短期的なコストカット屋旦那で現場の工夫ではない。むしろ組織全体の思考を変えることにある。組織全体で自分たちの顧客を特定して顧客にとって価値あるものを共有する。価値を生まない業務活動は「無駄」と定義して徹底的に削減。顧客に付加価値を与えることに経営資源を集中して生産性を高めるのが目的だ。

トヨタのジャスト・イン・タイムを実現する「かんばん方式とは」

ジャスト・イン・タイム-生産性を向上-
-必要なものを、必要なときに必要な量だけ造る!-

「ジャスト・イン・タイム」とは、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」という意味です。
自動車のように3万点にものぼる部品から造られている製品を、大量にしかも効率良く生産するためには、部品の調達などのために、ち密な生産計画を立てる必要があります。その、生産計画に応じて「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」供給できれば、「ムダ、ムラ、ムリ」がなくなり、生産効率が向上します。

  1. お客様にご注文いただいたクルマを、より早くお届けするために、次の内容により最も短い時間で効率的に造ります。
  2. お客様からクルマの注文を受けたら、なるべく早く自動車生産ラインの先頭に生産指示を出す。
  3. 組立ラインは、どんな注文がきても造れるように、全ての種類の部品を少しずつ取りそろえておく
  4. 組立ラインは、使用した部品を使用した分だけ、その部品を造る工程(前工程)に引き取りに行く
  5. 前工程では、全ての種類の部品を少しずつ取りそろえておき、後工程に引取られた分だけ生産する。

ジャストインタイムを実現するために、トヨタ生産方式では、「かんばん方式」という独創的な生産管理方式が重要な役割を果たしています。「かんばん方式」は、かつて「スーパーマーケット方式」ともいわれ、まさにスーパーマーケットからヒントを得て考案されました。スーパーマーケットや量販店では、商品名、品番、置き場所など、商品に関する情報が記載されている商品管理用のカードが使われています。これをトヨタでは「かんばん」と称し、生産管理の工程に道具として使用したことから、「かんばん方式」と呼ばれるようになりました。トヨタ自動車では、後工程が前工程に部品を調達しに行く際に、何が使われたかを相手に伝える道具として、「かんばん」を利用しています。

なぜ スーパーマーケットの考えを応用?

スーパーマーケットは、顧客の必要とする品物を、必要なときに、必要な量だけ在庫し、いつ何を買いにきてもよい品ぞろえをしておきます。ジャスト・イン・タイムを推進した大野耐一(元副社長)は、この考えを応用し、スーパーマーケットを前工程、顧客を後工程と考えました。顧客である後工程が、必要な部品を、必要なときに、必要な量だけを前工程に取りに行くことで、前工程がムダに部品を多く造り、後工程に貯めてしまうという、それまでの非効率な生産性を改善することができたのです。

出典:トヨタホームページhttp://www.toyota.co.jp/

参照:トヨタホームページ

トヨタホンダからは移民局やベンチャー企業まで導入

リーン・マネージメントのポイントは完璧を目指すこと。業務プロセスは互いに影響し合うため1つのプロセスで妥協すればそれは最終的に商品に影響を与えてしまう。全てのプロセスで試行錯誤を繰り返すことが大切だ。 リーン・マネージメントを導入する代表的な企業はトヨタやホンダなど日系の自動車会社。顧客のニーズに合った高品質の自動車をより早く市場で販売できるという日本企業の強みの源泉だ。ただいぎょうしても実践する企業組織は増えている。例えばスウェーデンの移民局は難民申請の受付→審査→認定という流れを一つのプロセスとしてとらえ、リーン・マネージメントを導入。 その結果難民申請の審査時間を大幅に減少させることに成功した。

リーン・マネージメントをベースにした スタートアップという手法もある。リーン・スタートアップでは完成度の高い製品開発を目指さない。代わりに自分のアイデアのプロトタイプ(原型)作りを優先する。実際に顧客にテストしてフィードバックをプロトタイプに反映していく。こうすることで、一般的な企業に必要な初期費用や、事業計画書作成の労力を削減。少ない経営資源をできるだけ効率的に使って起業する方法だ。

まとめPoint of Lean Management.

  • 価値を産まない業務活動は、「無駄」と定義し、顧客に付加価値を与えることに経営資源を集中して、生産性を高める。
  • 短期的な、コストカットや、単なる現場の工夫ではなく、経営哲学や組織全体の思考を変えて、「待ち時間」を削減する。