トマトジュースは最高のアンチエイジングドリンク!?

トマトって体にいいって聞くけど具体的にどういいの?

トマトの赤い色素成分「リコピン」は、カロテノイドの中で最も高い抗酸化作用を有し、老化や生活習慣病の原因となる「活性酸素」を除去してくれます。

その抗酸化作用は緑黄色野菜に多く含まれる、β-カロテンの2倍、そしてビタミンEの100倍も除去し、肌の真皮層を傷つける紫外線から肌を守り、保水機能を高めます。

人間の体内では一定の割合で活性酸素が発生しています。活性酸素とは酸化力が強い酸素のことで、触れた体内の組織を錆びさせてしまいます。

 

リコピンってお肌にもいいの?

それ以外にも紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ,たるみの原因になります。またリコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。リコピンの美肌,美白効果は抗酸化とチロシナーゼ抑制の2つの働きからきています。

235H_e

どれくらい食べればいいの?

リコピンの摂取量の目安は15㎎、生トマトだと約2個、ミニトマトだと10個~12個も食べなければいけません。1日2個(ミニトマトだと10個)となると、経済的にも現実的にも難しいので、継続的に摂取したいなら、トマトジュースをお勧めします。一般的に売られているトマトジュースならコップ1杯(200ml)飲むだけでいいんです。

 

 どうせ摂るならオリーブオイルと

トマトに含まれるリコピンは脂溶性といって油と同時に摂ることで体内への吸収量が多くなることがわかっています。その中でもオリーブオイルは、他のオイル(サラダオイル、シソオイル、サフラワーオイル)よりもリコピンの吸収を顕著に高めることが明らかとなりました。

8f53b4d1a5498b0542fc24a07d5e48b5_s

摂取するのは朝がオススメ!

体内での栄養成分の消化吸収や代謝には概日リズムが存在し、栄養成分を摂る時間帯によって吸収率が異なることがわかっています。カゴメによると、リコピンが最も効率良く吸収されるのは朝だそうです。朝は忙しくて、何も食べないという方も、出勤前や出勤途中に1本、トマトジュースを飲むことで今日より少しだけ良い明日に繋がる習慣をつけるてみてはどうでしょうか?

111H_e