【WBS】161220(火) こんなことろで”カーシェア?”普及に向けて新たなステージへ

こんなことろでカーシェア?

カーシェアの新たなステージ

気軽に車を借りられるカーシェアリングのニュースです。

カーシェアを利用する人は、ここ5年で、10倍以上のおよそ85万人にまえ急増しています。このカーシェアが今日から、意外な場所で使えるようになりました。

カーシェアの新たなステージ

東京千代田区のビジネス街、地下鉄大手町駅国道1号の脇に、専用スペースという看板が、ここに今日ある車両がやってきました。

カーシェアの新たなステージ

一人乗り、電気自動車である、トヨタ車体「コムス」です。そして、3人乗り電気自動車の「あいロード」も

実はここはカーシェアのあらたな拠点。国道上のスペースをカーシェア拠点に使う全国初の実証実験です。使い方はカンインカードを車にかざしロックを解除することですぐに利用ができるようになります。

カーシェアの新たなステージ

コムスの場合会員費を除く、15分ごとの利用料は206円(あいロード412円)。国土交通長が、もともと街路樹を埋めていた場所を整備。そこにカーシェア運営するタイムズの親会社パーク24が事業者として名乗り出ました。

カーシェアの新たなステージ

タイムズが展開する、他のカーシェア拠点に乗り捨てることの可能です。

カーシェアの新たなステージ

タイムズ24 タイムズカープラス事業部部長 中津氏「都心はなかなか設置するところはすくなくなってきているので、お客様があつまるところに設置するようにアライアンス(提携)を増やしています。」

カーシェアの新たなステージ

タイムズのカーシェア拠点は、全国で、およそ8600。個々数年で2割から4割のペースで増やしていますが、利用者の急拡大に対応するため、タイムズは、今更なる、拠点探しに力を入れているのです。

カーシェアの新たなステージ

新たな拠点を探すために、タイムズが目をつけたのは、個人宅です。タイムズは今年から、個人宅のつかわれていない駐車場をカーシェア拠点として借りる事業として本格的に乗り出しました。

カーシェアの新たなステージ

家主の笠倉さん 「一般の人に貸そうかと考えていたが、フォローもしてもらえて、メンテナンスもよかったので決めた」

カーシェアの新たなステージ

10日に1回洗車に来る際に、駐車場の清掃などをしてくれるのも魅力です。駐車場を貸す側の収入は1ヶ月で、数千円から数万円。

カーシェアの新たなステージ

更に先月から、空き家の警備をおこなっている、警備大手のアルソックと連携し、空き家の駐車場をカーシェアの拠点にしようという取り組みを行っています。網の目のように、広がりつつある、カーシェアの拠点。普及に向け新たなステージに来ています。