【WBS】161111(金) 中国で1年で最も物が売れる日とは

今日は11月11日、なんの日かといいますと、中国では「独身の日」ということです。

1111-1-16

Coco
「一人を意味する、1が4つならんでいるからだそうだワン」

この独身の日は中国では、独身の人が自分のための買い物をしてもらおうということで、ネット通販業者がこぞって、格安セールを実施する、「ネット通販の日」としてもおなじみです。この日は中国では1年で最もものが売れる日ということで、なんと1兆円以上の売上があり、今年は2兆円規模になるといわれているのです。最近このネット通販の世界に企業も驚くような、一般の女性たちが登場しています。その驚きの姿を取材しました。

ネット通販最王手アリババでは、10万以上の店やブランドが特設サイトで半額セールをを実施しており、TOYOTAやユニクロ等日本企業も特売を行います。

1111-1-15

7年前に始めた、この1日限りのセールの売上は年々増加傾向にあり、昨年1兆円だった、取引額は、現地時間の午後9時の時点で、1兆6700億円に達しました。

1111-1-14

今年脅威の売上を牽引したのは、インターネット上の人気者を意味する網(ワン)(ホン)と言われる一般人です。

1111-1-13

私生活をスマホ1つでインターネット中継することで、人気者になっている人たちで、そこに企業が注目し綱紅(ワンホン)を商品PRに活用する企業が増加しているのです。

Coco
いわばYoutuberということだワンね。ただし、ニコ生生放送のように生放送が主流なようだワン。
アリババも今年のネット通販に向けて、綱紅(ワンホン)専用ページを立ち上げました。

綱紅を利用する、企業の一人である、アパレルメーカー嵐爵の李社長は、「新製品なら、売れて数着だが、綱紅を利用する、生放送なら、商品の気質や特徴を多くの顧客に伝えることができるから、発売直後から、人気を爆発させることができる」とのことでした。

1111-1-11

現在アリババに登録する、綱紅は、9000人ほどおり、選ばれる綱紅(ワンホン)になるのは、非常に狭きもんですが、一度選ばれると、年収1億円かせぐ綱紅(ワンホン)もいるとのことです。WBSが取材する限りでは、昨年のネット通販の日は、こういった綱紅による宣伝はまったく聞かなかったとのことですが、現在では、綱紅関連ビジネスは8000億円規模で成長しており、中国のビジネスの成長をみてとれるとのことです。

1111-1-12

「11月11日」をひらがなの「いい」と読むことで、この日を「いい買い物の日」として広めようとする動きが去年より日本でも始まっているとのことです。Yahooがしかけるこの「いい買い物の日」の最大の目玉は、ほぼすべての商品(約2億点の商品)Tポイントが11倍セールになるそうです。

 1111-1-8

11月は毎年、クリスマス商戦前ということで、例年売上が伸び悩んでいたそうですが、昨年は、この取り組みにより、当時の売上は、前年の7倍になり、11月全体の取扱高もあがったとのことです。

Yahooの広告販促企画部本部の横田本部長によると、「中国の独身の日を見習って、日本では、みんなで買い物をする日にしよう」と思って始めたそうです。また、今年は、例年の成功を受けて、同じTポイントを扱う外食や小売を昨年の5社から39社に規模を拡大しています。

今年より、このセールに参加している、洋服の青山では、11月11日を含む、1ヶ月間のうちに、3000円分購入するごとにネット上で、クジを引ける仕組みを準備しており最大で、5万円分のポイントがあたります。

1111-1-5

洋服の青山によると、このキャンペーンをきっかけに初めて訪れたお客様の声が聞かれているため、効果はあるとおもっているとのことでした。

牛角でも、同様のセールを行っており、客は、Yahooを通じて、予約を行うだけで、通常4000円のコースが、税込み3333円になるとのことです。

1111-1-4

牛角を運営する、レインズインターナショナル経営企画部の白岩さんによると、「外食は11月は比較的1年の中でも売上がとりづらい季節でその時期にこうした施策を実行することで、とても効果があるかなと思っているとのことです。」

1111-1-3

また、「もともと若い年齢がターゲットの牛角にとっても、年齢層が高めのユーザーが多いyahooと組むことで、なかなかタッチができなかった層にタッチができる」とのことでした。当初アリババ集団が始めた「独身の日」も7年前は、27店から現在では、10万店・ブランドが参加するまでになったとのことです。

1111-1-1

Yahooが力を入れる、いい買い物の日をyahooとしては、バレンタインやクリスマスと並び「いい買い物の日」と認知が進むよう少しずつ広げていきたいとのことでした。

Coco
Yahoo後発でクリスマスと並ばせると言う割には、ちょっと、しょぼいワンね。独身の日の今年のセールの総取引額が1207億元(約1兆8900億円)にまで伸びたそうだワン。Amazonの日本における売上高が、1年間で、1兆円だと考えると、規模の大きさがうかがえるんだワン。前年比で32%増え、馬雲会長は「中国の個人消費の潜在力が非常に大きいことを示した」と述べたそうだワン。国別の売れ行きでは日本がトップで、米国と韓国が続き、日本ブランドでは「ユニクロ」やパナソニックが上位に入ったそうだワン。

N
この企業とタイアップしている、ワンホンのやり方を見ていると、ちゃんと商品を選別しているようには思えないですね。まぁそういう人たちは結局、淘汰されていくのでしょうが、消費者側としては、判断が難しくなりますね。ただ、このリアルタイムでのレビューは、TVショッピング的な要素もふくみつつ、きれいな部分だけではなく、設備が完璧でないゆえに、実際の使用感が見えるのが、消費者としては、一番のメリットになっているのでしょう。現在中国のネット人口は世界一で、約7億人といわれていますが、今回の総取引額のうち82%がスマートフォン(スマホ)などの携帯端末を使って注文されたそうです。現在ネット人口は人口の約半数、先進国の9割り程度と比較すると、まだまだ、利用者に伸びる余地があることを考えると、取引額もまだまだ伸びる余地がありそうですね。