【WBS】161124(木) 今、高級時計に女性が熱視線

消費の固定観念が変わる、高級時計に女性が熱い視線。

WBS

wbsまとめ

シチズンをけん引するブランドへ成長

 

今日イベントを開いたのは、シチズンが展開する、女性向け時計ブランド xC(クロスシー) xC(クロスシー)はシチズン初の女性向けブランドで、誕生から20年が立ちます。

WBS

1996年の発売当初の値段は、Cool Clear Creativeをコンセプトにシャープで強さのあるデザインを特長にしたモデルで価格は3万5000円(税抜き)でしたが今回発表されたモデルは、7万8000円(税抜き)と素材にこだわり、より高機能になっているといえど、2倍以上になっています。

今のメインターゲットは20代から30代の働く女性で、クロスシーの売り上げは、10年前に比べ4倍以上に増加しており、今やシチズンをけん引するブランドにまで成長しました。
 
WBS

wbsまとめ

WBS

wbsまとめ

4倍に伸びたその背景は?

 

シチズンブランド事業部の長尾氏によると、「女性の社会進出に伴って、女性用の、高機能時計のニーズが高まってきている。シチズンは高機能時計のパイオニアでもありますので、女性に向けて、より丁寧に高機能性を訴求していくことで、売上をのばしていけたらな」とのことです。

WBS

wbsまとめ

 

この女性の時計人気をチャンスとしてとらえたいのは?

 

この女性の時計人気をチャンスとしてとらえたいのは、百貨店です。大丸百貨店では、時計売り場の面積を1.5倍に拡大し、FRANCK MULLERやOMEGAなどの高級時計をはじめ、女性に人気のブランドを拡充したとのことです。

WBS

wbsまとめ

 

買いに来る女性の層は?

大丸東京店の時計担当の須田にによると、「立地柄というのもありますがやはり、OLが多く30代~40代のキャリアウーマンが多い。自分を確立するという意味では、時計はステータスなものになるのでは。」とのことでした。

WBS

wbsまとめ

30万円以上の腕時計に関心のある人に聞いたアンケートでは、実際の購入予算の6割が30万円以上になったとのことで、働く女性をターゲットにした、大丸東京店も改装前に比べ売上が30%以上伸びたの事です。

Coco
30万円以上の腕時計に興味がある人にしぼってるので高く見えるワンね。

WBS

wbsまとめ

須田氏は「女性の社会進出やこのあたりの就業人口も増えてきていると思うので、そのお客様に満足してもらえるように、品ぞろえをしていきたい」とのことでした。

相内キャスター「これまでは、時計にステータスを求めるのは、男性というイメージだったが、それがかわってきている。また時計にステータスを求める女性というのは、購買意欲も高くほかの売り場でも売り上げ増につながっている」とのことでした。

Coco
これについては、まぁ30万円の時計を買えるような人は自分で自由に使えるお金が多いという話ワンね。

N
 日本百貨店協会が11月22日発表した10月の全国百貨店売上高は4755億円(全店ベース)だった。既存店ベースでは前年同月比で3.9%減り、8カ月連続で前年実績を下回った。上旬の気候が比較的穏やかで秋冬物衣料が苦戦。消費者の節約志向と相まって低迷した。高額品への需要減退や円高などを背景に、中国の建国記念日「国慶節」期間中の免税売り上げも2割以上減っているそうです。こちらの記事(消費低迷でうつ百貨店の次の一手とは)でも取り上げましたが、特に衣類品の売り上げが減る中、百貨店は、時計などの単価の高い商品への高級路線を拡充しているようですね。