【WBS】161124(木) ドミノの宅配ピザにあの動物が起用される?

今日は都心でも雪が降り、本当に寒くなりました。

雪がふると、外にでるのが億劫になりますよね。そんな時に便利なのがデリバリーサービスではないでしょうか。宅配ピザチェーンがそんな雪道に強い驚きの、配送スタッフの準備を進めています。

wbs

wbsまとめ

宅配ピザを展開している、「ドミノピザ」。雪が降る冬の間、頭を悩ましているのが、宅配の足です。特に、問題となっているのは、雪深い寒冷地対でのデリバリー手段。そこで先月から、北海道にある、研究施設(ドミノピザジャパンデリバリー総合研究センター)で雪に強いスタッフを特訓していました。

それがなんと「トナカイ」です。

wbs

wbsまとめ

飼育担当者によると、トナカイは、時速80㎞で移動可能であり、特に雪の中は早いとのことです。スノーシューズをはいている感じで走るので、宅配実現の可能性はあるとのことです。トナカイは冬の間だけ、動物プロダクションから、レンタルするそうで、車やスノーモービルに比べコストが安いとのことです。また、運転免許も不要で、PR効果は絶大のはずとのことです。

wbs

wbsまとめ

wbs

wbsまとめ

デリバリー用バイクと同じGPSを搭載したりすることで、スマートフォンやパソコンで、位置情報を確認できるようにしたりと、現在実用化にむけて様々な、実験をおこなっています。

wbs

wbsまとめ

wbs

wbsまとめ

ただ、動物という点は、ネックになり、なかなかうまくは進まないので、現状では速度よりも安定して走れることを重視する方向で調整をすすめているようです。
ドミノピザーでは12月頭には実用化の結論をだすとのことで、見た目も含めて、安全面や正確性をつめてお客様に届けられるように仕上げていきたいとの事でした。

大江さん「現状の配達の課題としては、配達中に猫や犬に遭遇した時にどういった反応をしめすかなどで、ただし、本当にこれが実現できれば、ピザの配達はバイクという固定観念が大きく崩れるようになりそうです。」

wbs

wbsまとめ

N
こちらのアクションプランによると、スノーモービルや、4WDを抑えて、トナカイが案にあがったそです。なんかトナカイが街で走っているというだけでもワクワクさせてくれるこの取り組みは非常に魅力的ですね。東京での実現は難しいでしょうが、ぜひ実現してほしいですね。