【WBS】170206(月) 伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

沸騰!お茶市場「健康を」めぐる熱き戦い

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

 

北村アナ
続いてはガラッと変わって飲料に関するニュース.です。2016年の国内清涼飲料水の出荷量なんですが前の年に比べまして3%増加し過去最高となっているんですね。 その中でも好調だったのか7%を増加した「日本茶」だったんですね。特にペットボトルのお茶は年々進化しておりまして、健康を意識する女性や、年配の方に支持されています。こちらにありますのが商品の一部なんですが定番商品だけではなく、例えば特定保健用食品(トクホ)であったり、腸の働きを整える整腸、つまり機能性をうたったものなどが人気なんです。健康をめぐる熱き戦いを取材しました。
伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!? 伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

 

「健康」をキーワードにお茶人気がさらに沸騰!

今日、都内で開かれた、アサヒ飲料の発表会。

アサヒ飲料 大越執行役員「キーワードは、もっと実感健康十六茶です。」

アサヒ飲料の主力製品の一つである、十六茶十六茶には、ハトムギや玄米など、16種の素材が入っています今年は、そのうち、2種類を変更しました。一つは漢方にも使われる食物繊維が豊富な「ゆりな」、そして「エゴマの葉」を使用しています。さらに健康を意識した商品にしました。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

健康意識する十六茶の 販売は好調で、特に2016年は前年比で、販売数が8パーセント増え、過去最高の2405万ケースを達成しました。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

今回のリニューアルでさらなる販売数アップを目指します。

これを飲むと健康になるんじゃないかなあという期待値を感じてもらうことを続けてもらうことにより他社様との差別化を図っていきたいと考えております。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

ライバルも健康を意識したお茶の開発を進めています。こちらはキリンビバレッジです。

この日行われていたのは主力ブランド生茶の新商品試飲会です。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

キリン飲料開発担当 鈴木氏「今まで使っていたものとは別の 茶葉をつかっていて、 丸みのあるものを依頼して抽出しています」

こちらが5月に発売予定の「生茶デカフェ」です。デカフェとはカフェインを含んでいないということです。 そもそもカフェインとは寝つきが悪くなったり妊婦が胎児などに影響があると言われている成分です。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

カフェインゼロの飲料市場は健康ブームを背景に成長が続いていてさらにキリンによると購入者の25%がカフェインを気にしているとのことです。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

キリンは3年前に世界で初めてカフェインゼロの緑茶飲料を発売。今回茶葉の種類を増やしてもカフェインをゼロにできる製法を開発。 パッケージも 新しくして健康をアピールします。

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?

今回発売する「生茶デカフェ」は、16年3月にリニューアルした「生茶」で使用している“まるごと微粉砕茶葉”と“まる搾り生茶葉抽出物”を使用することで緑茶本来の味わいを生かしながらも、デカフェならではの爽やかですっきりとした味わいが特長です。ペットボトル入り緑茶飲料で唯一のカフェインゼロ商品として、伸張する緑茶市場およびカフェインゼロ飲料市場の活性化を図ります。

鈴木氏「客様から多様性だとか健康機能性というものが求められていると考えていますそういった市場を活性化しながら、今後数字を伸ばしていければと考えています。」

伸び続ける清涼飲料市場で好調の「日本茶」その意味とは!?
N
日本茶市場でダントツのシェアを誇っているのはなにかご存知ですか?「おーぃお茶なんですね」そのあと、生茶が出てきたんですが、その後、本格日本茶として、伊右衛門がでてきたんですね。その後に、コカコーラが「急須」というキーワードをつかって、綾鷹で、この市場にはいってきて、生茶は瀕死の状態においやられていたのですが、一昨年ボトルをグラス風に変えて復活したんですね。やはり、お茶の需要が伸びるといえば、オフィスであり、生茶のターゲット層は、女性や子供になる(甘いので)のですが、オフィスで働く女性は、ある程度したら、自分で、お茶とか作ってしまうのも難しいところなのかもしれませんね。このデカフェはどこまで、消費者の心をつかめるのか期待したいところです。また、近年のトレンドとして、は、冒頭にあったように、トクホをつけることによって、単価が2倍もするような、商品を買わせることにより、市場規模を拡大したとおもっていましたが、まだまだ出荷量ものびているんですね。