【WBS】161213(月) プレミアムフライデーに商機をつかめ

プレミアムフライデー
WBS Premium Friday logo

これまでと少し違う金曜日、あなたはどう過ごしますか?

大江さん これは今日公開されたプレミアムフライデーのロゴマークです。

プレミアムフライデーのロゴ

こちら経済産業省や、経団連、小売り等の業界団体はプレミアムフライデーの推進協議会を開催しました。月末の金曜日には、午後3時に退社して、買い物や旅行の消費につなげようというものです。土日を控えて、気分もかわる金曜日、その金曜日の働き方や過ごし方をどう活用するのか。様々な取り組みが始まっています。

週末の金曜日どう活かす?

GAPが推進するデニムフライデーとは?

デニムを履いた男女

先月末の金曜日、東京Gapのフラッグシップ銀座で、「DENIM FRIDAY」というイベントが開かれました。ステージに登場した男女、実は、モデルではありません。

資生堂真名垣喬さん「デスクワークをしていても全然つかれないデニムになっているかなぁーとおもっています。」

全研本社堀内厚佑さん「コーディネートしてもらって、いざ着てみると、おしゃれだなぁーと。おしゃれするとなんか気分も楽しくなるというか。」

彼らは普通の会社員。ギャップは「デニムフライデー」と銘打って、ビジネスマンに金曜日のデニム姿を提案しているのです。

ギャップの狙いはどこに?

1008

化粧品やファッションのサイトなどを運営する全研本社。ギャップの呼びかけで、金曜日のデニム勤務をはじめました。普段もスーツの男性も皆デニム。

従業員「まず楽ですね。動きやすいというか気楽にできるというか」

堀内さん「スーツも気合が入るが、カジュアルにすることで、自分の気持が、いつもと違うなと言うことで、業務に臨めている」とのことでした。

科学的検証も

会議のストレス具合を表した図

更に全研はGAPと共同で意外な研究も実施。社員に脳波の測定器を装着してもらい、ストレスを感じやすい会議に、スーツ姿と、デニム姿の脳波の違いを科学的に検証したのです。すると、デニムはスーツよりも興味がわく傾向があり、ストレスが軽減される傾向になりました。

導入を決めた上司は、服装を変えるだけで、現場の雰囲気も変わったといいます。

全研本社の様子

ウェブソリューション事業部黒田次長「普段そいういう格好しているんだとか、コミュニケーションのきっかけになるというか。そいういう部分が増えてきていると思う」

GAPは科学的根拠を示しながら、デニムフライデーを普及させったい考えです。

1002

ギャップ・ジャパンシニアマネージャー小神野氏「カジュアルになったからといって、業務に支障がないというデータが出た。金曜日は、明日から休みなので、すごく気持ち的に嬉しいじゃないですか。少し自分のしたい格好で要られるということが、余暇の使いかということろにも影響していくのではないかと思う。」とのことでした。

プレミアムフライデー

男の人が喋っている

今官民を上げた、大胆な構想が動き出しています。それがプレミアムフライデー。

経済産業大臣世耕氏「デフレの傾向を変えていくような1つのきっかけになってくれればなぁと。そういう1つのきっかけになる可能性があると、思っている。とのことでした。

このプレミアムフライデーは来年2月から月末の金曜日の勤務を午後3時までとする構想です。週末の余暇に使える時間をつくり、買い物や飲食、旅行などの消費などを伸ばす狙いです。

プレミアムフライデーに商機を見出す企業とは

小田急トラベルの会議室

プレミアムフライデーを商機とみて、すでに、動き出している、企業があります。それが小田急グループです。小田急グループの強みは、このロマンスカーです。ロマンスカーは新宿と神奈川の温泉地箱根湯本を1時間半で結びます。小田急グループはプレミアムフライデーで都心客が金曜日から、箱根エリアに来ると見込んでいます。そこで、グループの旅行代理店小田急トラベルは、年内に新しい旅行プランを打ち出す方針です。新しい旅行プランをつくっている小田急トラベル企画担当の山田さんは次のように語りました。

小田急トラベル会議

山田さん「距離的な問題、時間的な制約であきらめざるをえなかったところを、今回午後3時上がりということで、より箱根に来やすくなるはず。」

山田さんは早速箱根湯本になる、旅館に営業に向いました。ここは、自然に囲まれた、温泉が満喫できる、ホテルおかだ。

取締役の原氏によると、現状金曜日の団体客の殆どは、神奈川県内のお客様がほとんどとのことですが、プレミアムフライデーのような施策が動くと東京のお客様も比較的に金曜日を使いやすくなりそうとのことでした。ホテル側としてもビジネスマンが気兼ねなく、旅行を楽しめるように、環境を整えようと考えています。

プレミアムフライデー

原氏 「午後3時に仕事があがったととしても、取引先の客が仕事をしているケースがある。なので、ワイファイを準備するとか、仕事ができる会議室を用意する」

プレミアムフライデー

小田急グループの山田さんはその先も見据えています。箱根湯元から先の強羅や早雲山、芦ノ湖に続く、桃源台に行くためには、登山鉄道や、ケーブルカー、ロープウェイに乗らなければ、なかなか行けない場所になっています。この山間部まで金曜日のうちに、どう足を運んでもらうのか。山田さんは、近隣の観光施設の協力が欠かせないと語ります。向かったのは、箱根水族館です。

プレミアムフライデー

案内してもらったのは、水族館の舞台裏。エビの脱皮殻があって、客に触ってもらったりすることで、その生態系をしったり、舞台裏でしか触れることができないものを提供したい考えです。

箱根水族館でもプレミマムフライデーの客向けに土曜日朝の舞台裏ツアーなどつくり、金曜日から近くに、宿泊する客を増やす狙いです。

視察を終えた、山田さんは、プレミアムフライデーは箱根エリアだけにとどまらないと考えています。

プレミアムフライデー

山田さん「箱根を1つの観光拠点ととらえてもらいまして、そこから更に足を伸ばすと。どこまで足をのばせるかというシミュレーションを今していて、その中での商圏として、伊豆がはいってくることも想定しているとのことでした。」

プレミアムフライデー

週末の金曜日使い方しだいで可能性も広がりそうです。

まとめ(RecreationとRe Creation)

大江アナ
このプレミアムフライデーなんですが、来年の2月24日の金曜日を第一回目としまして、VTRにでてきた企業だけではなく、日本航空や、地方のおよそ50の商店街などがイベントを開くことを予定しているとのことです。これは企業側の動きですが一方で、働く人たちが、このプレミアムフライデーをどういった形で、利用するとみていらっしゃいますか?
wbsスタジオの様子

三菱総研チーフエコノミストの武田洋子氏 「キーワードはRecreation(休養・気晴らし)とRe Creation(新たに創造する)の2つがあると思っています。1つ目のRecreationは人々が余暇を消費だとか、あるいは旅行などに使ういわいる娯楽という使われ方と、もう1つは、1Re Creation、これは新たにスキルを身に着けたり、知識をみにつけたり、健康になるためにジムにかよったり、そういった自分への投資の時間として使われるかもしれません。」

大江アナ
自分磨きのための時間として、プレミアムフライデーはつかわれる可能性があるということですね。

武田氏「 たとえば、語学学校にかよったりだとか、ビジネススクールにかよったり、そこまで考えるとこのプレミアムフライデーは幅広い業種にチャンスが有るように思えます。

大浜キャスター
働く時間が短くなって、効率が良くなれば、働き方改革の話にもつなり議論が一歩次に進みそうですね」

武田氏「 そう思います。より自由な時間をつかって、自分磨きをして、更に健康になれば、月から木までの生産性があがるかもしれない

大浜キャスター
量ではなくて質で評価されるということですね。

大江アナ
プレミアムフライデーがその入口になりそうですね