【WBS】161214(火) ソニーがウォークマンをつくれたその理由とは?

SONYウォークマンロングセラー チョロ松 猿
SONYウォークマンロングセラー

ロングセラー研究所 ソニーがウォークマンをつくれたその理由とは?

1003

今日は音楽の形をかえたあの大ヒット商品です。1979年、横浜発祥のファッション「ハマトラ」が若い女性の間で流行したこの年。後のロングセラー商品が誕生する。それが、のちのソニーの看板商品となる、ウォークマンだ。

「小さい頃から買ってもらった。」

「同級生という感じ」

1006

実は今ウォークマンが再び、注目を集めている。なんとその価格は、約30万円。誕生から37年、世界で累計4億台以上を出荷。音楽の歴史を変えてきた、ウォークマンのロングセラーの極意とは?

ソニーは1946年東京通工業株式会社として、井深大と、盛田昭夫が創業した。1950年には、日本初となる、テープレコーダーを発売。録音するという文化を普及させた。

ただ、自らがつくった録音するという文化を自ら覆したのが、創業者の1人、井深だった。

1016

ソニービデオ&サウンドプロダクツ企画マーケティング部門 部門長 沢村氏「創業者の井深が、長い海外出張のときに、ステレオで音楽をききたいということで、初代のウォークマンが短時間で完成した。

井深大「気軽に音楽を再生して楽しみたい」その井深の提案で動いたのは、盛田「これは若者にうける」とふんだ。

1013

数ヶ月後の夏休み前の販売を目指し、既存の小型録音機の型をそのまま利用し、開発が進められた。こうして、誕生したのが、世界初のポータブルカセットプレーヤーの「ウォークマン」だ。1979年7月1日のことだった。

澤村氏「 音楽を家の中で聴くライフスタイルから、まさにウォークマンという名前のとおり、あるきながら聴く、外で聴くというふうに、音楽を聴く時間をどんどん増やしていった。」

1001

猿がウォークマンで音楽を聞きながら、うっとりとした、表情で音楽をきくこのCMは人々に音楽の進化を印象付けた。やがてテーブの時代から、CDMDと移り変わり、2000代に最大の危機がおとずれる。それがライバルであるApple Ipodの登場だ。

更にスマートフォンの普及もあり、携帯オーディオ市場は縮小傾向になった。しかし今、ウォークマンが再び注目されているんだ。その理由は?

1005

ビックロ新宿東口店 伊東氏 「携帯音楽で満足できないお客様が、より良い音で、聞いてもらえるのがはハイレゾで、そのきっかけとなるのがやはり、ウォークマンです。」

ハイレゾとは、CDのおよそ6.5倍の情報量をもつ超高音質音源でソニーは3年前ハイレゾ対応ウォークマンを発売。今年は、約30万円の超高級モデルも発売した。

SONYウォークマンロングセラー研究所

「結構ロックとかを聴くので、ベースの音がぜんぜん違うし音の立体感というか。」

今ハイレゾ対応携帯プレーヤーは去年に比べ1.3倍の売上があり、ソニーでは、約30万円のモデルと同じ技術で、2万円台の商品を発売している。

SONYウォークマンロングセラー研究所

ソニーハイレゾウォークマンプロジェクトリーダーの佐藤氏 「コスト度外視でつくるモデルと、その中で、生まれた技術で、普通のウォークマンにどれだけその技術を展開できるかが、音響設計のエンジニアとしての1つのミッションだと思っています。」

SONYウォークマンロングセラー研究所

時代の一歩先を行き長く愛される、商品をつくるための極意を創業者の1人、盛田はこうかたっていた。

盛田ソニーはユニークであると言い続けてきたし、みなさんも、ソニーがユニークであるという自信をもっている。これは私は、かけげあえのない我が社の力だと思います